よく喋るデザイン会社『スタヂオポートマン』

名古屋のデザインとブランディングの会社、株式会社スタヂオポートマンです。

検索エンジン上のライバルは「ナタリー・ポートマン」です。
そんな弊社ですが、社名だけでも覚えていただければ幸いです。

デザイン会社って、普段何してるの?

さて、本日のトピックです。
弊社、身の回りの方からよく聞かれることがあります。

それは、
「ポートマンさんって、結局どんな仕事やってるの?」
というご質問です。

一言でまとめて「デザインとブランディングの会社」とは名乗っているものの、案件ごとにまったく違う業務内容となることがほとんどです。

  • WEBサイト制作
  • 印刷物制作
  • ロゴ制作
  • パッケージデザイン
  • 企業ユニフォームのデザイン
  • 写真・動画撮影の企画やディレクション
  • 企画のアイディア出し
  • ネーミング提案
  • アナログ・WEB問わず広告関連の提案
  • イベント企画、運営
  • クラウドファンディングのお手伝い 等々

……結局何をやっている会社なのか、確かにちょっと伝わりづらいかもしれません。そして、私たちもこれをすべて説明しきれないので、何をしている会社かと訊ねられると「ううーん、、、、デザインとブランディングの会社!」とざっくり答えてしまっているわけです。

ご相談の流れから仕事内容を見てみましょう

そこで、私たちが普段どんなことをしているのか、新規ビジネスを立ち上げるケースを例として、ご相談からの流れをご紹介してみます。

まずはご依頼者様のアクション

①事業やサービス、店舗など、新しいビジネスを始める計画がある。

②ポートマンに連絡して、喫茶店で会う約束をする。
(最近はオンラインも多めです)

③コーヒーを啜りつつ、事業内容や企画についてポートマンに話す。

ここからスタヂオポートマンの仕事

④ヒアリングをもとに情報整理をして、コンセプトをまとめる。

⑤まとめを見ながら、喫茶店でコーヒーを啜りながら、ご依頼者様様とあーだこーだ喋る。

(スッキリ整理できるまで繰り返す)

ここからやっと制作業務、そして納品完了

⑥まとまったコンセプトや情報をもとに、初めに必要となるものをご提案。
(ネーミングやロゴ、デザインの全体企画など)

⑦全体のデザインの方向性が決まったら、必要なツールのご提案。
(WEB、名刺、パンフ、チラシ、動画、写真、、など、WEB・アナログにこだわらず、 そのビジネスにとって必要なものをご提案します)

⑧制作物が完成。納品する。

⑧ビジネスのスタート!

案件によってやることはガラッと変わってきますが、ご相談からご提案、デザイン制作までの流れは、基本的にこういった感じです。

「会話」が何よりも大切な工程

「喫茶店で会っておしゃべりする」という工程は、決してふざけているわけではなく、ご依頼からの一連の流れの中で、もっとも重要な部分だと私たちは考えています。

なぜなら、会話を重ねていく、つまり、お互いにアウトプットを何度も行うことで、余分なものが削ぎ落とされて、コアとなるポイントや本当に必要なものが見えてきます。そうすることで、具体的に何をしていくべきか、弊社もご依頼主様も迷うことなく判断できるようになるからです。

もしかすると、、、私たちの一番重要な役割は、デザイン制作そのものというよりも「会話して、大切なポイントを掘り起こして、必要なものを提案すること」なのかもしれませんね。

ちなみに、一番好きな喫茶店は、なんだかんだで定番のコメダ珈琲です。午前中にコメダで打ち合わせがあると、もれなくモーニングが食べられるので実は結構ウキウキしてます。ふふ。

…おあとがよろしいようで!以上、本日のブログでした。